Blog

7月 30, 2023 10:00am
座って、待って、従って
85 Views

「わたしの戒めを守るなら、わたしの愛のうちに生き続けます。わたしが父の戒めを守り、父の愛のうちに生きているのと同じです。」

ヨハネによる福音書15章10節

私は正直に言うと犬派です。毎日犬の毛が洋服についているほど愛犬が大好きです。ペットは一生の家族のメンバーになると思っているので、トレーニングが不可欠です。高くても、トレーニングをするととても価値があります。ですが、タロウと私たちの信仰生活に共通点がありますでしょう。

服従は座れるようになります

変更は週末だけじゃなくて毎日の習慣から来ます(祈りと黙想)。座りは主を信頼して従うことです。

服従は待てるようになります

学びが長く入ることなら、服従をマスターすることはないです(離れず教示を受けること)。リードも出かける時に必要です(イエス様に近くいて従うこと)。

服従は従えるようになります

学びたくないことは練習もできません(聖書を知ること)。

私たちは本当にどれだけ服従

自身を考えてください。生活に唸ったり噛んだりすることがないようにしますか。呼ばれる時に行きますか。尻尾がよく振りますか(愛情を表現すること)。感謝でおやつ(祝福)を受けますか。神様は私たちの全てがをご存知になります。服従が他の人に良く見えますが、自分には埋めている状況ではありませんか。

オズワルド・チェンバーズによりますと、「服従は神様との仲が正当な結果です。」神様はただ人間の改善だけ求めず、従う誓いがほしいです。命令に反応よりも、愛情の返しが求めています。犬がいることで幸せが増えるように、イエス様を加えて(救済と服従で)人生の喜びが増えます。なんと素晴らしい契約ですね!

Copyright © 2022 by Kerry Stitch Lifeword.org. All rights reserved. No part of this article may be reproduced or reprinted without permission in writing from Lifeword.org